World's Best English Pronunciation App | Elsaspeak skip to Main Content
Menu

Home » Uncategorized » 世界的な人材不足と英語スキルトレーニングの重要性

世界的な人材不足と英語スキルトレーニングの重要性

世界的な人材不足と英語スキルトレーニングの重要性

2030年には世界で8,500万人以上の人材が不足すると言われています。サービス業では、40%近くの企業がスキルに優れた人材の不足に直面しています。一方、航空会社は、40万人の航空会社の社員が職を失ったパンデミック・レイオフ後の回復に苦慮しています。

このような格差は先進国と発展途上国の両方に悪影響を及ぼし、新興国でも限りある人的資源の奪い合いといった大きな影響を受ける可能性があります。

より魅力的な給与、人材、スキルアップの機会が、より成長するエリアにシフトしていくかもしれません。新興国のビジネスは、今こそ未来を担う世代に投資しなければ、競争に遅れをとる危険があります。

新興国におけるビジネスは、かつてないイノベーションのチャンスが満ちていますが、世界的に人材不足が叫ばれる中、人材を育成し定着させるための教育への投資が必要となっています。新しいスキルを身につけるだけでなく、自国市場で働くことを奨励するトレーニングセッションに創造性を発揮することができます。より強い業界と人材拠点を後押しするのです。

そして、コミュニケーションスキルは、社会人として最も重要なスキルの1つであり続けています。グローバル化とリモートシフトが現代の職務内容を決定づける中、その需要はさらに高まるでしょう。

その結果、コミュニケーション能力を重視する新興国の企業は、人材確保において優位に立つことができるでしょう。そのため、世界的な人手不足に耐えるだけではなく、人手不足の中で成功を掴むことができるのです。

その様子をご紹介します:

高まるビジネスチャンスを掴む

デジタル分野では、顧客と接するポジションは依然として重要です。ビジネスでは、ヒトがヒトと会話をすること、そして世界のビジネス言語である英語でコミュニケーションをとることが望まれます。

実際、多くのグローバルカンパニーは、どの国に拠点を置いているかに関係なく、英語を主要言語として取り入れる決断をすでに下しています。さらに、航空会社やBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)などの顧客と接する業種では、ますます新興市場に採用の目を向けています。

これらの職種では、英語に流ちょうであることが求められます。担当者は世界中の顧客とコミュニケーションを取りながら、グローバルブランドの評価を維持する必要があります。こういった状況では、英語力が高い人ほど、望まれるでしょう。また、様々なアクセントや会話の流れの中で、英語を話すお客様に対応できるよう備える必要があります。

新興国で働く人々は、初日からビジネス英語を身につけながら、使いこなしていく場面が多くなり、それにより強い優位性を持つことができます。こうして英語を学ぶことで、新しい市場にドミノ効果をもたらすことができるというメリットもあります。成長する分野でチームを率いる英語力のある人材が増えれば、彼らの後に続こうとする人も増えるでしょう。その結果、英語学習を加速させ、航空会社やBPOなどの業界で働く将来の人材をサポートするプログラムや道がより多く確立されることになるでしょう。

例えば、ユナイテッド航空は、新興国を含む世界中から5万人の人材を採用しようとしています。同時に、BPOはアウトソーシングセンターとしてアフリカに目を向けています。より多くの新興国が英語学習に投資することで、航空会社やBPOの人材採用の際にも有利になることでしょう。

プロフェッショナル・コミュニケーション能力の改善

コミュニケーション・トレーニングでは、単に英文法や単語を教えるだけではありません。その英語力を実際の現場で活かせるようにするのが目的です。

例えば、飛行機に乗り遅れたのですぐに予約し直す方法を教えてほしいというお客様との会話や、BPOサービスセンターに電話して返金を要求してきたお客様への対応など、ストレスや複雑な状況を模擬的に体験することができます。

このような場を通して、英語に対する自信を深め、ブランドが持つメッセージや雰囲気にどのように合わせるのがベストかを理解することができるようになるのです。

さらに、電話での会話、チャットでの応答、電子メールの作成など、さまざまな媒体を通して英語を話したり聞いたりできるようにトレーニングすることもできます。働く人は、英語力によって多様性を持たせる必要があります。この特性は、複数のチャネルを使って顧客とコミュニケーションをとる企業にとって、より一層魅力的なものとなります。

長期的に優秀な人材の確保

英語を母国語としない人たちは、英語を母国語とする人たちの方が簡単にキャリアを切り替え、より高収入で競争力のあるポジションを確保するため、自分たちはトップレベルの仕事から締め出されているという意見もあるようです。

新興国において、今すぐ英語学習に取り組むことで、多言語対応できる人材を育成することができます。一流の仕事にアクセスすることができ、語学力を理由に仕事の機会を逃すこともありません。

また、コミュニケーションに重点を置くことで、新興国の人々に合ったさまざまなトレーニングへの道も開けます。企業や団体では、英語でしか受講できないプログラミング講座やリーダーシップ講座などを開設することも可能です。これにより、ハイレベルな求人に応募し、採用されるために、人々はさらに強力な優位性を持つことになります。

グローバルに成長するELSAの魅力

新興国におけるコミュニケーション能力の向上には、ELSAのような英語学習リソースが大きな役割を果たします。AIを活用した音声認識テクノロジーは、航空会社やBPOなど、必要とするチームに大規模な英語教育を行いたい業界にとって、最適なソリューションとなります。

ELSAでは、特定の業界向けにカスタマイズされたプログラムを提供し、学習者が英語に対する自信と能力を高めるために、理解しやすい実践的な課題を用意します。

英語学習者は、アプリに向かって話すだけで、簡単に応答することができます。そして、発音、流暢さ、イントネーションなどについての詳細なフィードバックを瞬時に受け取ることができます。また、ELSAはいつでもどの端末からでもアクセスできるため、対面での授業のような場所や時間に縛られることがありません。

結果、一貫した質の高い英語学習の機会を維持することができるのです。

新興国出身の人々は、世界で最も優秀で意欲的な人材であり、将来の有望な働き手となるに値する人材でもあります。英語のコミュニケーション能力は、新興国の人材がその可能性を発揮するための足がかりとなるものです。

ELSAのようなツールは、英語力を持続的に改善し、関連性の高いビジネス用語を学び、コミュニケーションの最新トレンドに対応するために役立ちます。ELSAがあなたのチームのコミュニケーションスキルをレベルアップさせ、世界的な人材不足問題からビジネスを守る方法をご紹介したいと思います。無料デモのお申し込みはこちらから

コメントを残す

Back To Top
Search
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。